ふっくら美ボディになれると、女優の熊切あさ美さんもトークショーで紹介したモテアンジュ。

運動や食事制限なしで、ひっこむところはひっこんで、出したいところは出るなんて理想的ですよね。

そんな地層的なモテアンジュには副作用があるんでしょうか?また、生理中や妊娠中、授乳中でもモテアンジュを使用してもいいのか、アレルギーのある方も飲んでいいのか、調べてみました。

モテアンジュの副作用について

使用して、副作用が出て健康被害にあう危険性があったら、いくら美ボディになれるといっても、モテアンジュの使用を躊躇してしまいますよね。

バストアップサプリには、よくプエラリアという成分が含まれているのですが、こちらは下痢や腹痛という健康被害があったことが認められています。

モテアンジュには、そのプエラリアはいっさい含まれていません。保存料や防腐剤、殺菌剤成分もすべて無添加なので安心して飲むことが出来ますね。

モテアンジュの成分から安全性を確認

保存料や防腐剤、殺菌剤成分が入っていなくても、他の成分が副作用を起こしてしまったら怖いですよね、でも、大丈夫。モテアンジュの成分は、安全性を一番に考えて作られているんです。

モテアンジュに含まれる成分は、エラスチン、オルニチン、a-GPC、アルギニン、クレアチン、ビタミンD、黒コショウエキス、BCAA、HMBカルシウム、L-カルニチンです。

こんなにつらつらと書いても、よくわからないですよね。それぞれの効果を説明しますね。

モテアンジュには、ハリと弾力をサポートしてくれる成分や体を引き締めてくれる成分が入っています。

エラスチンは、コラーゲンやヒアルロン酸と一緒に若さを保ってくれる成分です。それなのに、エラスチンは30代を境目に、急激に減っていってしまうんです。その減少部分を補うことで、ハリと弾力を守ってくれるというわけです。

オルニチンは、筋肉を合成するとともに睡眠の改善をサポートしてくれたり、疲労の回復に一役買ってくれます。オルニチンをサポートしてくれるクレアチンも含まれてますよ。疲れをしっかり摂ることも、若々しくなるための大切なポイントですね。a-GPCは成長ホルモンの分泌をサポートし、アルギニンは弾力を与える成分を生成するサポートをしてくれます。

体を活性化してくれる成分として、脂肪の燃焼に必要不可欠な筋肉の成分であるL-カルニチンも配合。筋トレを中心としたダイエットをしたことがある人は一度は聞いたことがあるであろう、筋力のエネルギー源となる必須アミノ酸であるBCAAも入っています。また、こちらも筋トレの強い味方になる必須アミノ酸の代謝物産であるHMBカルシウムも含まれます。これらのおかげで、ひっこめたいところは引っ込むというわけですね。

また、新陳代謝をあげてくれる黒コショウエキス、免疫力を高めてくれるビタミンEも含まれているので、全体的に健康もサポートしてくれます。

これらの成分で、副作用が出るものはありませんので、安心して口にできますね。

モテアンジュは生理中は大丈夫なの?

モテアンジュに副作用はないけれど、生理中の使用は大丈夫なのでしょうか。女性にとってデリケートな時期ともいえる生理中は、特に体のバランスが変わりやすい時です。

モテアンジュを飲むことで、栄養を補うことも出来ますので使用して問題ありません。モテアンジュに含まれる様々な成分が働いて、生理中のしんどい体を楽にしてくれることもあるかもしれません。

モテアンジュは妊娠中・授乳中は大丈夫なの?

生理中にも飲めるモテアンジュですが、妊娠中や授乳中はどうなのでしょうか。

基本的には、副作用がないので、飲めないとは言えません。しかし、妊娠中や授乳中の口に入れるものは、小さな命に直結するものです。

気持ちが揺らぐだけでも影響が出てしまうこともありますので、危ないと思うものや、不安に思うものは利用しないほうが良い時期です。かかりつけのお医者様に相談されてからのご使用が望ましいです。

モテアンジュはアレルギーは大丈夫なの?

モテアンジュには、副作用はありません。しかし、アレルギー体質の方は、含まれている成分をしっかりと読んでから使用するようにしてください。

また、お医者様にかかっている方は、必ず相談してから使うようにしてください。

多くの人になんともないものがアレルギーの方にとっては毒となってしまうことがありますので、気を付けて使用してください。